スキップナビゲーションリンク

必要書類 -遺言執行者による請求-

ご本人が亡くなっている場合で遺言書を作成しているときは、遺言執行者により開示請求のお手続を行うことができます。

ご本人 法定相続人 遺言執行者
ご本人 ご本人の
法定代理人
ご本人の
任意代理人
法定相続人 法定相続人の
法定代理人
法定相続人の
任意代理人
遺言執行者
  • 必要書類の不足、記入内容の不備等がある場合には、開示請求を受け付けることができませんので、提出前によくご確認ください。
  • 原本でご提出いただいた戸籍等の書類については、当社にてコ ピーを保管の上、開示結果と合わせて返却いたします。
    なお、お手続が完了する前に、結果と同封の場合よりも数日程度早く、原本の返却を希望する場合には、レターパックプラス(赤い封筒)又は簡易書留代金分の切手を貼付した返信用封筒を必要書類に同封してください(同封がない場合には、お手続が完了する前の返却はいたしません。)。

1. 開示請求書

以下のPDFファイルに必要事項を直接入力して印刷・押印したものをご提出ください。
(PDFファイルを印刷後に必要事項を手書きで記入・押印していただいても結構です。)
開示請求書(PDFダウンロード)

  • 複数名請求する場合は対象者1名につき1枚ご記入ください。
  • 現姓・旧姓両方で請求する場合は姓ごとに1枚ご記入ください。



2. 遺言執行者の印鑑登録証明書(遺言執行者が弁護士等の場合は職印証明書)

発行から6カ月以内の原本をご提出ください。



3. 遺言書

遺言書の種別ごとに、以下のとおりご提出ください。

遺言書種別 コ ピー又は原本 備考
公正証書遺言書(正本) コ ピー 「原本と相違ない」旨を記載の上、遺言執行者の実印を押印してください。
公正証書遺言書(謄本) 原本
自筆遺言書 コ ピー 家庭裁判所の検認を受けたもの
「原本と相違ない」旨を記載の上、遺言執行者の実印を押印してください。
遺言書情報証明書 原本

※遺言執行者選任の審判書がある場合は、発行から6カ月以内の原本をご提出ください。
※遺言執行者の権限の範囲に有価証券等に関する処分が含まれていない場合等、遺言書の記載内容によっては遺言執行者による開示請求ができないこともありますのでご留意ください。



4. 遺言者の除籍謄本

死亡日の記載のある原本をご提出ください。



5. 遺言者の住所の確認書類

遺言書種別 住所の確認書類の提出要否
公正証書遺言書(正本) ・遺言書に株主の住所が記載されている場合、その住所の確認書類の提出は不要
・遺言書に記載された住所以外の住所でお調べになりたい場合には、その住所ごとに確認書類の提出が必要
公正証書遺言書(謄本)
遺言書情報証明書
自筆遺言書
(家庭裁判所の検認を受けたもの)
・株主の住所の確認書類の提出が必須

遺言者のお調べになりたい住所が記載された以下のいずれかの書類をご提出ください。

書類名
住民票の除票
戸籍の附票 ※本籍欄の記載(本籍地)では、住所の確認はできません。
運転免許証(運転経歴証明書)
各種健康保険証
個人番号カード
各種年金手帳
各種福祉手帳
パスポート(顔写真ページ 及び 所持人欄ページ)
在留カード又は特別永住者証明書
株主(遺言者)宛の株式関係書類(議決権行使書、配当金計算書等)

※コ ピーは、氏名、住所、生年月日及び有効期限の記載されている箇所を写してください。
※遺言者の住所の確認書類についてはコピー又は有効期限が切れたものでも結構です。



詳細につきましては、「お手続について」をご覧ください。
お手続について(PDFダウンロード)

登録済加入者情報の開示請求についてのお問い合わせ先

  • 開示請求事務センター
    電話番号 : 03-5665-3642
    受付時間 : 土日祝祭日及び年末年始を除く9:00〜17:00
    ※照会内容の正確な把握のため、通話内容を録音させていただいております。

このページの先頭へ