スキップナビゲーションリンク

文字サイズ

世界のCSD協会

ACG 正式名称は、The Asia-Pacific Central Securities Depository Group。アジア・太平洋地域のCSD及び清算機関が加盟する組織。設立は1997年11月、2015年12月時点の会員数は33。当社は設立時からACGに加盟しており、現在は執行委員会メンバーの一員となっているほか、情報交換タスクフォースの座長を務めています。

ACGのホームページはこちら

ACSDA 正式名称は、The Americas' Central Securities Depositories Association。南北アメリカ地域のCSD及び清算機関が加盟する機関。設立は1999年8月、2015年12月時点の会員数は29。

ACSDAのホームページはこちら

AECSD 正式名称は、The Association of Eurasian Central Securities Depositories。ユーラシア地域のCSDが加盟する組織。設立は2001年、2015年12月時点の会員数は14。

AECSD のホームページはこちら

AMEDA 正式名称は、The Africa & Middle East Depositories Association。アフリカ・中東地域のCSD及び清算機関が加盟する機関。設立は2005年4月、2015年12月時点の会員数は正会員27(域内CSD及び清算機関)、準会員6(カストディアン及び域外CSD等)。

AMEDA のホームページはこちら

ECSDA 正式名称は、The European Central Securities Depositories Association。欧州のCSDが加盟する機関。設立は1997年11月、2015年12月時点の会員数は41(正会員36、準会員5)。

ECSDAのホームページはこちら

WFC 正式名称は、The World Forum of CSDs。上記5地域CSD協会の代表により構成される組織。設立は2011年4月。各協会から2名の理事が参加する理事会が定期的に開催され、地域CSD協会間の情報交換や協力、CSDの発展に向けた取組み、関係機関等に対するCSDの影響力強化、同協会及び協会員に関係する世界的な課題についての意見発出等が行われています。

WFCのホームページはこちら

このページの先頭へ