スキップナビゲーションリンク

文字サイズ

沿革

1984年5月15日 「株券等の保管及び振替に関する法律」公布(同年11月14日施行)
1984年12月6日 法務大臣、大蔵大臣より設立許可、財団法人証券保管振替機構(財団)発足
1985年5月27日 法務大臣、大蔵大臣より保管振替機関としての指定
1991年10月9日 保管振替事業の開始(当初東証上場50銘柄を対象)
1992年10月9日 保管振替事業の全面実施
2000年5月8日 新保振システム稼働
2001年6月27日 「株券等の保管及び振替に関する法律の一部を改正する法律」公布(2002年4月1日全面施行)
2001年9月10日 決済照合システムの稼働
2001年11月2日 「証券保管振替機関の株式会社化の具体的枠組みについて」の公表(日証協主宰「証券受渡・決済制度改革懇談会」)
2001年11月26日 新株予約権付社債券(CB)の取扱い開始
2002年1月4日 株式会社 証券保管振替機構設立
2002年6月17日 財団から保管振替事業の全部譲受(財団は解散)
2003年1月10日 「社債等の振替に関する法律」に基づく振替機関として指定
2003年3月27日 株券喪失登録情報等照会システム(SITRAS)稼働
2003年3月31日 短期社債振替制度の実施
2003年6月6日 株式会社ほふりクリアリング設立
2004年4月6日 株式会社ほふりクリアリングが有価証券債務引受業の免許を取得
2004年5月17日 一般振替DVP決済の取扱い開始
2004年6月9日 「株式等決済合理化法」公布
2005年2月14日 決済照合システムへの国債レポ・現先の照合機能の追加
2006年1月10日 一般債振替制度の実施
2006年5月1日 外国株券等保管振替決済業務の実施
2007年1月4日 投資信託振替制度の実施
2008年1月4日 上場投資信託振替制度の実施
2008年2月1日 受益証券発行信託の受益証券に係る保管及び振替決済業務の実施
2009年1月5日 株式等振替制度の実施
2014年1月6日 新システムの稼働(貸株DVPの実現、ISO20022の導入等)
2015年7月24日 指名委員会等設置会社に移行

このページの先頭へ